1. ホーム
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 医療現場用コロナ感染対策器具を新規製作

医療現場用コロナ感染対策器具を新規製作

新型コロナウイルスの医療従事者への感染を防ぐため、浜松医科大付属病院麻酔科蘇生科の牧野洋講師と共同で気管挿管時の飛沫(ひまつ)を防止する器具の改良版を製作した。名称は、COVID Intubation Umbrella.

今回の改良器具は、金属フレームとビニール袋の組み合わせで飛沫防止のボックスを形成するものである。軽量で強度の高いステンレス素材でフレームを作り、この内側に市販の透明なポリ袋を取り付け、外側からクリップで固定する方式を採っている。使用後はクリップを外して内面が汚染されたポリ袋をそのまま廃棄できる。骨組み自体は汚染されにくく、金属製のために高濃度アルコール消毒でも変質せずに再利用できる。

HAMINGより、現在サンプル機を出荷中。すでに10以上の医療機関に納入済です。お問い合わせ、ご希望等をお待ちしています。

問い合わせ先) 本件の問い合わせは、e-mail のみとなります。
協同組合HAMING 事務局 中嶋裕嗣
e-mail : contact@co-op-haming.jp

<全体的な 使用方法については下記動画をご参照ください>

https://youtu.be/QjbOFffvfHchttps://youtu.be/QjbOFffvfHc

<ポリ袋セット方法は下記動画をご参照ください>

COVID Intubation Umbrella 専用袋セット方法動画
https://youtu.be/lXz8I0TnHPkhttps://youtu.be/lXz8I0TnHPk

COVID Intubation Umbrella 市販ポリ袋のセット方法動画
https://youtu.be/MNrt90dkzFIhttps://youtu.be/MNrt90dkzFI

製品情報、使用説明書、見積書依頼書兼注文書はこちらからダウンロードできます。